イージスリフレクトをワークマンで購入!氷点下の北海道でも通用するのか?

イージスリフレクト 旅・旅行グッズや道具など

防寒着は生きていく上で必須な北海道に住むコスケです(`・ω・´)

北海道に住んでいると、特に冬は非常に寒くなりますので防寒着は必須といえます。
少し暖かい程度のジャケットでは役に立ちませんから、とにかく暖かい物が必須。

どんな物が良いかは人によって違います。
コスケの場合、昔はダウンジャケットをよく着ていましたが、最近はスポーツブランドやアウトドアメーカーのジャケットなんかが好みです。

ただ、どれも結構お高いのです( ̄▽ ̄;)
そこで今回は、コスパが最高だと言われるワークマンのイージス、これを購入してみることにしました。

スポンサーリンク

イージスを買った理由

北海道では暖かい服が必須ですが、最も暖かいと思われるダウンジャケットは水に弱いとか、モコモコしてるとか、中の羽が抜けて服に付いちゃうなんてデメリットがあります。

自宅で洗濯もできません。
雨や雪にも強くないので、万能とは言えないのですよね。

なので、最近はずっとスポーツメーカーやアウトドアブランドのジャケットなんかを着ていたのですが、やっぱり結構高いのです。

良いものだと平気で2万円超えますし、暖かいものなら安くても1万円は確実に越えます。
そこまで高いものだと、気軽に着ようとは思えず、もっとラフに使えて暖かい、そんなものを探していたのです。

そんな時に知ったのがワークマンのイージスでした。
何でも、作業着屋さんの防寒着でかなりコスパが良く、バイク乗りや釣り好きの人、アウトドア好きの人なんかから評価されているとか。

性能も良く暖かく、それでいて価格も安いので、かなり売れて品切れで買えないほどだというのです。

いくら暖かいと言っても、本州の気温ならでしょ?と思っていましたが、バイクに乗ったときの寒さは、私も二輪免許持っているのでよく分かります。

じゃあ、そんなに高価な物でもないし、試しに買ってみようかなとなったわけです。

イージスリフレクトを購入!

ワークマンのイージスには色々な派生商品があります。
定番の最もスタンダードなイージス(無印)のものを筆頭に、代表的なのは釣り人用のイージスオーシャン。

例年このバリエーションは変わっていて、今年はその中のひとつにイージスリフレクトという商品がありました。

これは、無印のイージスをベースに、デザインが少し違うのと、表面に光を反射する再帰性反射プリントをしているものです。

それともう一つ、透湿性能が上がっていて3000gから5000gにあがっていて、基本の作りや暖かさは通常のイージスと同じですから、行ってみればイージスのバージョンアップ版。

しかも価格は同じ税込み6,800円です。

イージスリフレクト

これはもう、イージスリフレクト買うしかありません。
私は身長176cmですから、サイズはLを購入。

体重が63kgの少し細身〜標準程度の体型なので、LLではちょっと着せられてる感があって大きかったです。

Lサイズをコスケが着てみるとこんな感じ。

イージスを着てみる

シルエットは悪くないと思います。
デザインは黒なので真っ黒になってしまいますが、光が反射するので夜でも車からの視認性は良いはずで安全。

イージスは家で洗濯できる?

ずっと気になっていたのが、イージスは自宅で洗濯ができるのかということ。
ダウンは基本家で洗濯できませんし、クリーニング代も高いので気軽に洗うわけにはいきません。

なので、汚れそうな所には着ていけなかったのです。
しかし、このイージスはなんと自宅で洗濯可能です!

表示を見る限り手洗いならイケるようですね。

イージスの洗濯マーク

漂白剤やドライクリーニングはNGなので、手洗い洗濯のみ可能ということのようです。
家で洗えるのは大きいですね。

イージスは北海道でも暖かいの?

実際、イージスは北海道でも暖かいのかですが、こればかりは本格的な冬になってみなければなんとも言えません。

ちょっと着て外に出てみたのですが、外気温10℃ほどなら十分暖かいです。
問題は、氷点下の世界でどうなのか。

特に、氷点下10℃以下でも暖かくなければ北海道では使えません。

少しだけですが着てみた印象としては、ジャケット自体の暖かさはモコモコのダウンにはかなわないが、中に色々きれば十分暖かいかな?という印象です。

実際に着てみた映像があるので、こっちを参考にして貰えばわかりやすいかもしれません。

雨も降っているので防水性能も確認できます。
やはりこのイージスは風を通さない、防水というのが最大の売りのようですから、本格的な冬になってしっかり中に着込んでどうなるか、早く試してみたいですね。

以上、ワークマンでイージスを買ってみたというお話しでした。
本格的な氷点下レビューは、冬本番になってからしたいと思います。

コメント